kyuhu-t.jpg
bar.gif

 弊社は,厚生労働大臣指定の教育訓練施設です.給付制度の指定講座をお受けになる方は,申請により会費が最高2割(上限10万円)が国から支給されます.

1.教育訓練給付制度とは
 資格やスキルを身につけようとする人を,国が積極的にバックアップする制度です.指定講座を受講すると,会費が最高2割(上限10万円)が受講終了後に支給されます.

2.支給対象者
 雇用保険の一般被保険者または被保険者であった者(被保険者でなくなった後,1年以内に教育訓練を開始した者に限る)が,厚生労働大臣の指定講座を修了した場合で,次に該当する場合に支給されます.
 (a)雇用保険の一般被保険者
 受講開始日において, 支給要件期間が3年以上あるもの.
 (b)雇用保険の一般被保険者であったもの
 一般被保険者資格を喪失した日以降,受講開始日までが1年以内であり,かつ,支給要件期間が3年以上のもの.
<支給要件期間とは>  受講開始日までの間に同一の事業主の適用事業に引き続いて被保険者として雇用された期間をいいます.ただし,転職などにより会社が変わった場合は,空白期間が1年以内であれば通算の期間となります.

3.給付率
 会費の2割.上限額10万円.

4.受給条件
 (a) 会費を自己負担で完納していること.
 (b) 申請時のコースを途中で変更せず,個人教授問題(添削問題)をすべて提出し,なおかつ,基準点以上であること.

5.申請書類
 訓練終了後,1か月以内に本人が申請する必要があります.なお,給付制度を適用にあたっては,あらかじめ,支給要件を満たしているかどうか確認しておいたほうが無難です.お申し込み前に,必ず,弊社宛に申請書類の請求をしてください.メールあるいはファクシミリで「給付金申請書類請求」の旨ご連絡下さい.関係書類をお送りいたします.
 なお,申請時には身分証明書類(運転免許証や保険証のコピーなど)の提出が必要になります.また,各講座の開講日前日までに制度を利用する旨の意思表示をする必要があります.弊社までお申し出ください.

6.申請書類請求先
 株式会社 日本教育訓練センター 教育部
 ファクス 03-5283-7667
 e-mail tukyo07@jetc.co.jp

bar.gif